アパートローン 借り換え迄の道ノリその③

前回は、2016年〜2017年初頭の動きでした。
借り換えそんなに容易で無い事が判明したのです。
その後、私の動きとなります。
 2017年春、職場近くに最近合併してできた、I信金が新店舗建設中を発見!丁度部下に元信金マンがいたんで、融資新店舗どーなの!?って聞いたら、その地域に初だと、かなり緩くなるそーとの事!特に皆様ご存じ信金には、対応出来るエリアが決まっているんで、地銀よりも地域シェアを意識するそうです。これは、行くならいつ行くの?今でしょ!!(丸パクリです)と言うことで、早速連絡。まだ、店舗完成前なので近くの開設事務所に乗りこんで行ったのです!待ち受けたのは、60近い支店長!こちらは用意した、資料50ページ程持参し高鳴る胸の鼓動押さえつつ、アパート経営持論を展開、かなりの力説!稟議位上げてくれ〜     
 そんな私に、支店長はこう言い放つたのです。
「土地持ちの人には貸してんだけど、土地もうわ物も借り入れ?どんな人来るかと思ってたげど、これじゃかせないね!サブリースも無いなら厳しいねー地道に繰り上げ返済してくしかないんじゃない?」と又も玉砕!今回は、土地持ちサブリースイコール需要なしエリア、年々下るサブリースが良いと言う判断。信金も不動産に関して無知で有る事が判明したことが、収穫でした。

金融機関は、不動産に強い人に頼むべし!
今回も、また一つ勉強になりました!
借り換え目指し、金融機関行脚はまだまだ続くのでありました。